陶芸 ・翠英

陶芸に夢を持ち、作陶を楽しむ 翠英と言う男のブログ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サボテンじゃないんです。でも 多肉植物の類いなのです。 | main | お茶碗とパン皿 >>

一風変わった美醜の植物(スタペリア/ヒルスタ)

0

     

     

     

     

     

     もう一鉢の 「スタペリア ヒルタス」。

     

    タイトルに 「美醜」(パソコンで調べてみると・・)とありました。

    花姿・色・は大変美しいものが有りますが 香りがいまいち⤵。からくるものでした。

    9月16日に掲載しましたが この鉢で(蕾・七分咲き・満開)を一度に見る事が出来ました。

    究極のスタペリアの開花。

    ご覧ください。

     

     

    左・七分咲き 中央・満開 右・蕾

     

     

     

    ヒトデの様な 七分咲き。

     

     

     

     

     

     満開になれば オールバックスタイル。

     

     

     

     花の内側はびっしりと毛が生え横紋が入って暗紫色、大きさは約15センチ。

    一瞬はヒトデ型。

     

     

     

     2つ目も満開状態のオールバックスタイルに

     

     

     

     

     以上、スタペリアヒルタスの魅力を満喫していただけたでしょうか?

    また来年の開花を楽しみに育てていたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     盆栽は出来ないので、「吊り忍」を楽しんでいます。

    今年新しく作った流木に巻き付けた忍。

    落ち着いた雰囲気になりました。

     

     

    これはもう5〜6育てているでしょうか。親株から見るとひ孫株になります。

    2階のベランダの手すりの上で、365日目を楽しませてくれております。

     

     足元を見れば元気さがわかります。

    幽玄な雰囲気に見惚れてしまいます。

     

     

     

     今回もご覧頂き 有り難うございました      翠英。

     

     

     

     

     

     

    英さんの四季の園芸 | permalink | comments(2) | - | - | - |

    この記事に対するコメント

    KHさんへ

    ガガイモ科のスタペリア。(株分けを頂いた方です)
    今年は初めての開花の経験。9月は楽しい園芸を満喫しました。本来の陶芸の掲載に負けないアクセスを頂き、初めて見るスタペリアの魅力をご覧いただけたと思います。大切に育てて行きたいと思っております。有り難うございました。
    suiei | 2017/10/06 7:50 PM
    今年はヤヤ遅かったらしいですが、珍しい植物ですがご近所のお庭でも今年は花数が多かったようです。ひと鉢に蕾 七分 満開の三拍子は珍しく見応えがありましたね。
    しのぶも風流があって良いですね〜好きです。
    来年も楽しみにしています。ありがとうございます。
    kH | 2017/10/05 2:44 PM
    コメントする